京都・鉄道史への誘い ~京都駅とその周辺編~
大学移転に伴う京都駅周辺の再開発がいよいよ本格化!

今から140年前の明治10年、国内2番目の鉄道として開通した京都・神戸間の終点として京都駅が誕生します。

現駅舎よりは少し北側、現在の駅前バスターミナル付近がその位置となり、当時は京都の市街地を大きく南に外れ、一日の乗客も数百人、付近には田畑が広がっていたといいます。京都の人々からは「ひっちょうのステンショ」(七条停車場=七条ステーション)と呼ばれ、やがて京都の交通の要として駅とその周辺は急速に発展・開発されていきました。

大正期には二代目駅舎が現在の位置に移り路線も付け替えられ、四代目となる現駅舎はデパートとホテルを擁する巨大な駅ビルとなり、一日乗客24万人が利用するターミナルとなりました。そこには初代京都駅の面影など、どこにも残っていそうにもありませんが、深く掘り下げていけば、まだその記憶の断片が駅やその周辺に隠されています。

京都駅開業140周年を迎える記念すべき年に、古地図や写真を手掛かりに、わずかに残る初代京都駅や旧東海道線の面影を一緒に拾い集めませんか。また、京都駅東側の崇仁地区に京都市立芸術大学の移転が決定し、この地域にわずかに残る旧東海道線の面影は永遠に失われる可能性が出てきました。ぜひ、この最後のチャンスをお見逃しなく!

※途中、かつて京都駅に駅弁を提供してきた老舗「萩の家」を通ります。現在でもかつての「京都駅弁」の一部を食することができますが、事前にご予約が必要です。ご希望の方は京都まほろばツアーズで手配いたします。ご注文された弁当はツアー最後の梅小路公園にて列車や蒸気機関車を眺めならいただくことができます!この機会に「幻の京都駅弁をぜひ!ご注文をいただいた方には本格茶葉使用の新製品「椀茶」をさし上げます。(数に限りがありますのでご了承下さい)

・一枚の写真から読み解く、初代京都駅の位置とその周辺
・旧東海道本線の遺構を拾う1:開発進む京都駅東側・崇仁地区の道路
・旧東海道本線の遺構を拾う2:ビルの谷間に謎の高低差・ホテルの地下に眠る遺構
・旧東海道本線の遺構を拾う3:京都駅西側の志水・上夷町北側の地割
・旧東海道本線の遺構を拾う4:大宮跨線橋に残る不思議な開口部


※1時間30分ほどのコンパクトなツアーになっておりますので、新幹線や特急、高速バスなどの待ち時間などにお気軽にご参加いただけます。
※ツアー終了後は京都鉄道博物館でもお楽しみいただけます。その際は、梅小路公園・京都鉄道博物館(解散)といたします。
※京都駅で解散ご希望の方は京都駅までご案内いたします。
※当日はぜひ筆記用具(特に蛍光ペンなど)をご持参ください。

※途中、かつて京都駅に駅弁を提供してきた老舗「萩の家」を通ります。現在でもかつての「京都駅弁」の一部を食することができますが、事前にご予約が必要です。ご希望の方は京都まほろばツアーズで手配いたします。ご注文された弁当はツアー最後の梅小路公園にて列車や蒸気機関車を眺めならいただくことができます!

この機会に「幻の京都駅弁をぜひ!ご注文をいただいた方には本格茶葉使用の新製品「椀茶」をさし上げます。(数に限りがありますのでご了承下さい)

近代以降、急速に開発が進められた京都駅周辺では、その遺構や情報は非常に限定的なものです。ぜひ皆様の想像力を大いに働かせていただければと思います。

その一助としまして、最初に資料とご一緒に京都駅周辺の白地図をお渡ししております。ツアー中その証拠となるポイントを拾い、地図に落としながら歩いていただき、最後にその点と点を結べば、自分だけの「初代京都駅・旧東海道線歴史地図」が完成します!


開催日時
4月23日(日)10時00分~11時30分
5月21日(日)10時00分~11時30分
※雨天決行、荒天の場合は中止します。時間等詳細は後日更新致します
※最少催行人数2名(最少催行人数が設定されているツアーですので、お申込みはなるべく前日までにお願い致します。当日参加の場合もツアー開始1時間前までにはご連絡下さい。当日はメール、Twitterメッセージ、Twitterリプライが便利です!リアルタイムで確認しております。)
および随時開催
※ツアーは開催日を設けておりますが、複数名以上のお申し込みについてはご希望の日時に開催することも可能な場合があります。「日程は合わないけど、ツアーには参加してみたい…」という方はまずお問い合わせ下さい。お客様のご希望に出来る限り応えられるよう尽力いたします。
集合
京都駅烏丸口
(旗を持った係員がお待ちしています)
参加費用
2,000円(税込、資料・電車代を含む)高校生以下は1,000円
※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
※小学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要です
コース
京都駅烏丸口・集合 →塩小路東洞院交差点 →萩の家→柳原銀行資料館付近 →京都駅前→アパホテル京都駅前店付近→志水町・上夷町 →大宮跨線橋 →梅小路公園・解散
約3キロメートル・1時間30分程度
ツアーディレクター
星 順也(ほし じゅんや)
京都市生まれ。交通文化社代表、京都まほろばツアーズ副代表。
文学修士(交通史専攻)、博物館学芸員資格、高校地歴教員免許所有。
鉄道関連の蔵書は2万冊以上を誇る鉄道および鉄道史のエキスパート。壬生・西院はゆりかごから現在まで過ごした勝手知ったるいわば主戦場。古地図を駆使して京都の街を紐解く日々。また東西南北全国を旅し続けた旅と鉄道、まち歩きと食べ歩きの大家にして権威。着地型観光はおまかせ。高校社会科教員も十数年つとめた豊富な経験と膨大な知識を活かした緻密かつ壮大そしてパワフル、ユニークでオリジナリティあふれるガイドを展開、あなたを京都・鉄道史の世界へ誘います。
お申込み
こちらのフォームより前日までにお申し込みください→ お申し込み
(定員約20名、事前予約・最少催行人数2名)
※当日のお申し込み・ご参加は事前(ツアー開始1時間前)にご連絡下さい。